2013年11月30日

橋下市長の進める市政改革プランのうち、保育士の待遇に関わると思われるもの

○民間保育所職員給与改善費の廃止 1億200万円の削減 (参照元

○1歳児保育特別対策費の廃止 8億9900万円の削減 (参照元

 国の保育士配置基準1歳児6人に保育士1人に対して、大阪市は1歳児5人に保育士1人としていたため、保育士増加分の人件費を民間保育所に補助していたが、大阪市営の保育所も1歳児6人に保育士1人へ保育士を減らすこととしたため、補助金を廃止

(追記)
保育士などの給与水準見直しへ
NHK NEWSweb 2013年12月25日 15時22分
http://kiziosaka.seesaa.net/article/383587325.html

大阪市の橋下市長は、市の保育士などの給与水準について、大阪市人事委員会に対し、市内の民間の水準を上回っていることを踏まえ、見直す方針を示しました。
大阪市の保育士と幼稚園教員の平均給与は、ことし4月現在、月額約37万円ですが、「高すぎる」という指摘を受け、大阪市人事委員会は、市内にある、ほとんどの民間の保育所と幼稚園を調査し、橋下市長に報告しました。
この中で人事委員会は、市の保育士などの給与水準は、一部の年齢層を除いて、民間を上回っているとして、較差の解消を検討するよう求めました。ただ、市と民間では、保育士の年齢など、組織や人事の構造が大きく異なっているとして、直接的に、民間に合わせて引き下げることには慎重であるべきだとしています。
これに対し、橋下市長は、「今回、初めて民間との比較を行ったが、報告を踏まえて、新たな給料表を作っていきたい」と述べ、市の保育士などの給与水準を見直す方針を示しました。一方で、「民間の給与が低すぎるから引き下げに慎重になれというのは、腹に落ちない」と述べ、報告の仕方に注文をつけました。

「保育士が足りない!待遇の問題も」MBS VOICE 2013/11/26 放送
http://kiziosaka.seesaa.net/article/381581687.html
posted by 結 at 21:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする