2014年03月21日

「待機児童ゼロへ!1611人から446人へ」の維新ポスター。でも実際には減って無いような

 次のようなポスターを見かけました。
大阪維新の会ポスター「待機児童ゼロへ」20140315.jpg

 維新の会広報部のフェイスブックで、このポスターについてのアナウンスを見ると次のような説明が。(一部抜粋 参照元
--------------------------- 引用開始 ---------------------------
ポスターはすべて維新の会、そして市長や知事の「実績」を表してます。
そしてさらにこれからもよりよい環境を作り出していく党、維新の会の目線は常に現在進行形です!

維新は何もしていない、と未だいわれる他党の方へ。
事実はここにありますね。
今までもやれたはずのことがやれなかったのはなにが問題だったのでしょうか?

「やればできました。」←ちなみに最終選考争ったキャッチコピーです☆

まずは4枚!
今後どんどん続編で町中を埋めていこうと思います。
それほど維新の「実績」は多いのです。
--------------------------- 引用終了 ---------------------------

 そしてこのポスターのコピーは、
「待機児童ゼロへ!平成24年10月待機児童数1611人から、平成25年10月446人へ!約1200人減少。」というもの。

 でも、おかしいなぁと思うのです。

 大阪市が平成25年10月現在として、待機児童数について発表しているのは、次のもの。(元データ 掲載元サイト
待機児童数についてH25年10月現在.jpg

 表の平成24年10月と平成25年10月を比較すると、平成25年からは「育休中(E)」と「主に自宅で求職中(F)」が、新たに待機児童数から除外するとして加わっています。
 つまり、今まで待機児童数としてカウントしていた人を、いっぱい「待機児童として数えない」ことにしたから、待機児童数が減ったのです。
 でもこれって、待機児童の問題を何か改善したのでしょうか?

 もう少し詳しく見てみましょう。
 入所保留児童数自体は、平成24年10月の5202人から、平成25年10月は5357人と増えています。
 それに対して、「育休中」と「主に自宅で求職中」を新たに待機児童から除外することとして、1958人(一部、今までの除外事由から移行。)を待機児童として数えないこととしました。

 入所保留児童数は増えているのに、待機児童に数えない対象を広げたため、待機児童に数えない人数が3591人から4911人に、1320人増えて、この結果、待機児童として数えてもらえる人数が1611人から446人に、1165人減ったのです。

 でも、統計処理の操作で待機児童に数えない対象を広げて、待機児童と数えてもらえる人数を減らしても、大元の入所保留児童数が増えているのですから、待機児童の問題が何も解決していないことは、表を見れば歴然です。

 待機児童数が平成24年10月の1611人から平成25年10月に446人に減らしたと言われても、実際に保育所に入所を希望されている方の実感は何も変わっていない(または、若干悪化している)のではないでしょうか?

 こういった統計操作で作った見せ掛けだけの数字を強調して、「維新の『実績』」だと誇るのは、市民に対して誠実な態度だとは思えないのです。
posted by 結 at 02:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。