2014年06月05日

大阪府の公募人材不祥事事案

 大阪府の公募人材の近年の不祥事事案で、記憶にあるものを挙げてみました。


そば回し食い、マッサージ強要… 処分の大阪府セクハラ部長「仲間意識あったから」 
産経ニュースwest 2013.12.4 16:30
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131204/waf13120416310017-n1.htm

 民間から公募で採用された大阪府商工労働部の笠原哲(さとし)部長(64)が女性職員にセクハラ行為を行ったとして減給6カ月(10分の1)の懲戒処分を受けた問題で、大阪府は4日、笠原氏が部下の20代の女性職員に対し、飲食店内でマッサージや食べ回しなどのセクハラ行為を強要していたと発表した。

掃除機やミキサーを贈り…謝罪いまも無し

 府人事課によると、笠原氏は昨年11月〜今年11月、女性職員を繰り返し食事に誘い、計9回にわたって2人で食事。このうち5回は休日だった。

 また、今年7月には女性職員が食べていた天ぷらそばを取って、つまみ食いした後、再び女性に食べるよう強要。11月には飲食店で隣に座っていた女性職員に対し、背中から腰にかけて「マッサージ」を行った。

 このほか3月には突然、女性職員宅を訪れ、掃除機やミキサーなどを贈るなどの不適切な行為も行った。

 一連の行為は女性職員の告発で11月7日に発覚。笠原氏は同月25日以降、体調不良を理由に休んでいた。笠原氏は府の聴取に対し、「仕事で世話になり、仲間意識があったから誘った」とした上で「セクハラ行為という認識はなかった」と説明。女性に対する謝罪は一切していない。


大阪府教委:民間出身の女性校長を減給処分
毎日新聞 2014年05月01日 19時53分
http://kiziosaka.seesaa.net/article/396034029.html

 大阪府教委は1日、民間出身の府立高校の女性校長(57)について、校長就任前に社長を務めていた会社の業務に関わったとして、減給1カ月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。府教委は2002年度から計23人の民間人を府立学校長に公募などで採用したが、懲戒処分は初めて。

 府教委によると、校長は13年度に会社経営者から転身。地方公務員法で兼職が禁止されているため、直前の12年12月に社長を退き、親族に引き継いだ。

 ところが、校長就任後も社員ミーティングに6回出席。会社の口座の出入金に携わり、メールなどで社員に業務に関する助言をしていた。勤務時間中に校長室のパソコンからメールを送ったことも1度あった。報酬などは受け取っていなかった。昨年11月に外部から通報があり発覚した。

 校長は「会社の経営状況が心配で放置できなかった。違法だという認識はなかった」と話しているという。



公募校長が万引の疑い、大阪 書類送検へ
47NEWS 2014/06/05 22:14 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014060501001851.html

 大阪府立枚方高(枚方市)の京田伸吾校長が大阪市のスーパーで食品を万引したとして、窃盗の疑いで大阪府警から任意の事情聴取を受けていたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。

 京田校長は日本航空で勤務後、長野県の県立高3校で民間人校長を務め、今年4月、公募校長として3年間の任期で大阪府教育委員会に採用された。府警の聴取に容疑を認めており、書類送検する方針。

 捜査関係者やスーパーによると、校長は5月28日夕、大阪市都島区で和菓子などの食品数個を盗んだ疑いが持たれている。従業員が発見し、取り押さえた。逃げようとはせず、店側や府警の聴取に応じた。
posted by 結 at 23:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。