2014年10月09日

大阪都構想のひとつのこと 大阪市民は損をする

 大阪都構想について、気になってることを、細心の正確さよりも、雑駁に呟いてみます。

 法律では、府県がする仕事と市がする仕事って決めていて、市民は、府県がする仕事のために府県税を支払い、市がする仕事にために市税を支払います。

 大阪市は、大きな市だからと、府県の仕事の一部分は、大阪府がやるよりも、大阪市でどんな風にするか決めてやった方が、市民の満足になるから、大阪市に任せてと、言い出したのです。ずっとずっと以前のことだけど。

 大阪市は、府県の仕事の一部を任せてもらったけれど、「府県の仕事を、大阪市の単位で決めたいという希望のためだよね」と、大阪市民が大阪府に納める、府税の一部は貰えず、市税の一部を割いて行うことになりました。

 橋下氏が、大阪府知事になって、大阪府内の府県の仕事は「大阪府がまとめてやるべきだ」「府県の仕事を、大阪市の単位でやるべきじゃない」と言い出しました。

 そして、それを形にした大阪都構想は、「大阪市が行ってきた府県の仕事を大阪府が吸収して、大阪市が府県の仕事に使ってきた市税も、府県の仕事を大阪府がやることになったのだからと大阪府に吸収」「大阪市が行ってきた市の仕事は特別区に継がせて、市税の残りを与えてあげるよ」と。それで「何も損をしないだろう」ってね。

 「何も損をしていない」はずの大阪市民は、府県の仕事の一部を「大阪市民の単位で決める」ことにして、その後、大阪都構想で決めることをやめることにしたら、「市税の使いみちを、全部決められる市民」から、「市税の一部しか、使いみちを決められない市民」になってしまうようです。
(大阪都構想が実現しても、大阪府内の大阪市民以外は、みんな「市税の使いみちを、全部決められる市民」です。)

 「大阪市の単位で、府県の仕事の一部を決められうのがいいか」「府県の仕事は、大阪府がまとめてやるのがいいか」、これはどちらの考え方もあると思うのだけど、大阪都構想の結果、大阪市民の支払う市税の一部が、大阪市民だけが余分に支払う府税みたいなものになってしまって、大阪市民が「市税の一部だけしか、使いみちを決められない市民」になってしまうのは、大阪市民には損なことだと思うし、ちゃんとデメリットとして説明して欲しいなぁと思うのです。
posted by 結 at 01:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。