2014年11月25日

維新選挙占い

 2014年12月の衆院選の結果で、来年4月の大阪市議選、大阪府議選の結果を占ってみましょう。
 占いに使うのは、衆院選比例の大阪市域の維新得票率、衆院選比例の大阪府域の維新得票率、大阪府内選挙区の維新の勝敗率です。

〇来年4月の大阪市議選の維新の獲得議席

衆院選比例の大阪市域の維新得票率が
【31%〜35%】なら
現状維持でしょう。3分の1以上過半数以下の議席獲得が期待できます。

【36%〜40%】なら
現状を超える議席獲得が期待できますが、過半数に届くのは難しそうです。ひとつ、ひとつ議席を積上げることが大事です。

【41%以上】なら
過半数も期待できます。そのためには、候補者をしっかり擁立している必要があります。得票を活かせる候補者擁立を頑張りましょう。

【26%〜30%】なら
3分の1を維持できるか危ういです。過半数を目指すとか浮かれてないで、市長の再議権を有効にするためにも、確実性の高い候補者擁立を目指しましょう。

【25%以下】なら
3分の1維持は無理で、他会派より抜き出た議席確保は難しいです。他会派との協調が大切です。


〇来年4月の大阪府議選の維新の獲得議席

衆院選比例の大阪府域の維新得票率が【31%以上】で、大阪府内選挙区での維新の勝率が【9割以上】なら
 前回府議選と同等の過半数の議席獲得が期待できます。過半数以上か否かは微妙なので、ひとつ、ひとつ議席を積上げることが大事です。

衆院選比例の大阪府域の維新得票率が【26%〜30%】、または大阪府内選挙区での維新の勝率が【5割〜9割未満】なら
 過半数の議席獲得は難しいでしょう。でも3分の1の議席確保は期待できます。

衆院選比例の大阪府域の維新得票率が【25%以下】なら
 3分の1維持も難しいです。他会派との協調が大切です。


 いわゆる〇〇占い的にまとめただけで、それほど根拠がある訳ではないので、気軽に読み流してくださいね。
posted by 結 at 03:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。