2016年03月09日

橋下大阪市政で、市と民間の保育士給与が矛盾して見えることの整理

 橋下大阪市政で保育士給与を巡る施策について、次のようなツイートをしました。

保育士給与引下げのツイート.jpg
https://twitter.com/yuun08/status/706441074609250304

ツイートの趣旨としては、
(A)市の保育士と民間保育士の給与格差を是正する為の民間保育所に対する補助金を廃止した(2012年7月)
(B)市の保育士の給与が民間保育士より高いから、市の保育士の給与を引き下げるとした(2013年12月)(元記事
ということなのですが、2つの元の記事と資料をよく見ると、矛盾して見える事象があります。

(A)の元資料では、市の保育士と国基準の民間保育士給与の措置額の差が小さくなってきた為、交付件数が減少していて、2012年4月からの市の保育士の給与カット(7.8%)により、更に減少が見込まれるとしています。(ニュアンス的には、ほとんど無くなるだろうと。)

(B)の元記事では「市の保育士の給与水準は、民間水準を上回っている」と。こちらの記事(元記事)によると、「官民の20代の月収を比較すると保育士で約3万円、(中略)市職員の方が高かった」そうです。

 20代で約3万円の差なら、ざっくり1割程度の差があることになります。
 ところが(A)は、ほとんど差がないと言ってます。なんか、矛盾してるように見えます。
 でも、別に矛盾してることではないので、かなりモデル的にですが、整理してみます。

 市の保育士給与が100、民間保育士給与(国の措置額)が90だったとします。(国の措置額と給与額の差は無いとします)
 市の保育士と民間保育士給与(国の措置額)で10の差が出ているので、市が10を補助金支給します。結果、民間保育士給与も100になります。
 これが補助金廃止前の状態です。

 大阪市職員の給与カットの一部として、市の保育士給与についても約1割の給与カットを行います。給与カットというのは、正規の給与額は100のまま、期間限定で実際の支給額を90にするということです。

 市の保育士が一時的に支給額を90にするからといって、民間保育士給与も90でいい、補助金支給はいらないというのもヘンな話ですが、そういうコジツケで補助金を廃止してしまいました。
(補助金廃止は恒久的ですから、市の保育士の給与カットが終了しても、補助金は支給されないことになります)
 つまり(A)の結果、市の保育士は正規給与100、カット後の実支給額90、民間保育士は90となった訳です。

 ここで、(B)の市の保育士と民間保育士の給与比較を行います。
 人事委員会が行う給与の官民格差の比較は、市の正規給与と民間実態との比較です。
(人事委員会は元々、市の(正規)給与と民間の差が無いように勧告を行っているので、給与カット時にカット後給与と民間の差を無くすような勧告を行うと、給与カット分を(正規)給与を上げるように勧告という矛盾することになります)

 (B)の市の保育士と民間保育士の給与比較では、市の保育士の正規給与100、民間保育士90で、市の保育士は10高いという結果になります。これに基づいて市の保育士の正規給与を「是正」すると、市の保育士の正規給与は90となります。

 つまり(B)の結果、市の保育士は正規給与90(カット後の実支給額81)、民間保育士は90となった訳です。

 これはあくまでモデル的に説明をしただけなので、実態はもう少し複雑になると思います。
 ただ、(A)と(B)に特段の矛盾は無いこと。(A)と(B)の結果は、市の保育士も民間保育士も給与が下がるということ。この二つの整理はできたかなと思います。
posted by 結 at 04:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

大阪市の舞洲球場売却に関連する記事など

「神戸から撤退!?オリックス側が大阪・舞洲球場を落札…オリ2軍の拠点に」
産経ニュースwest 2015.12.7 15:33更新
http://www.sankei.com/west/news/151207/wst1512070053-n1.html

 大阪市が此花区に所有する舞洲(まいしま)球場と隣接地の一般競争入札が7日あり、プロ野球オリックスの本拠地、京セラドーム大阪(西区)を運営する「大阪シティドーム」(同)が落札した。隣接地はオリックス2軍の拠点となる見通し。

■ド−ム球場2個ぐらい…10ヘクタールを月599万円で

 入札は舞洲球場の建物を6400万円で売却し、球場の敷地約5・5ヘクタールと周辺の未利用地約4・9ヘクタールを月額最低599万円で貸し付ける条件で実施された。

 応札したのは大阪シティドームのみで、最低価格の599万円で落札した。契約期間は来年4月1日から50年で、球場の運営も任される。

 舞洲球場は人工島の舞洲にスポーツレクリエーション施設を集積する市の方針の一環として、平成8年に完成した。高校野球などの会場にもなっており、従来どおり一般利用を確保することも条件だった。

「オリックス大阪舞洲の移転発表、2軍公式戦も舞洲で」
日刊スポーツ [2015年12月7日16時37分]
http://www.nikkansports.com/baseball/news/1576340.html

 オリックスは7日、かねて検討していた神戸の練習施設の大阪・舞洲地区への移転を発表した。

 この日、大阪市が公募した「舞洲野球場敷地及び舞洲野球場北西用地の一般競争入札」が実施され、オリックスの関連会社で京セラドーム大阪を運営する株式会社大阪シティドームが事業予定者に決定。来年4月1日より50年間、当該土地を借り受けることになった。今後は正式な契約手続きを経て、17年シーズンより舞洲野球場、さらに北西用地に建設するサブ球場、室内練習場、選手寮・クラブハウスを新たな拠点とする。総工費は約30億円。

 現在、神戸市内にある選手寮と室内練習場は築25年が経過。西名弘明球団社長は「室内練習場をもう少し広くしてくれないかと選手からも要望があり、数年前から議論していた。大阪を本拠地とする球団として、球場(京セラドーム大阪)から近いというのが最大のメリットになると考えた」と説明した。

 同年シーズンからウエスタン・リーグの公式戦も舞洲を拠点とする。ただし、1軍が年間15試合行っている神戸での開催は確保するという。同球団社長は「がんばろう神戸で市民に支えていただいた。優勝して思い出の強い場所。2軍施設は移すが、神戸のファンを大切に思う気持ちに何ら変わりはない」と話した。

 神戸市内の現在の寮「青濤(せいとう)館」の406号室は現マーリンズのイチロー外野手がオリックス時代を過ごした部屋。今も当時のままで保存されている。寮の扱いについて球団は「未定」としたが、取り壊しとなれば残念がるファンの声も多く上がりそうだ。


「舞洲野球場敷地及び舞洲野球場北西用地の一般競争入札による貸付にかかる質問と回答」(大阪市)より
http://www.city.osaka.lg.jp/port/cmsfiles/contents/0000329/329216/situmonntokaitou.pdf

質問1
舞洲野球場の建設当時の見積額を教えてください。

回答
舞洲野球場の建築にかかる工事の契約金額は次のとおりです。
(中略)
合計:6,177,495,696円
※事務費を除く

posted by 結 at 21:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

大阪維新の会で、議員が問題を起こした時の調査って

 9月3日の毎日放送VOICEで、維新の堺市議・小林由佳氏に、政務活動費で印刷・配布したとするチラシに「そのチラシは実在するのか」と疑惑が指摘されたことについて、大阪維新の会・橋下代表は「厳しく調査します。厳正に対処します」とコメントしていた。

 こういった問題が起きた時の大阪維新の会による調査って、結果はどうだっただろうか?

 2012年5月、維新の大阪市議・飯田哲史に、政務調査費で支払った事務所賃料が高めに設定され、政治献金として還流されていたと報じられた件(元記事)の場合、約2週間後、あまり疑念を解いたと言えない内容で、「政調費の環流はなかった」とする報告書をまとめた(元記事)。

 2012年8月、維新政治塾の名簿、約900人分が外部に流出し、騒動になった件(元記事)では、約1ヶ月後、「流出ルートは確認できなかった」と調査結果を報告し、維新政治塾事務局長の東徹・大阪府議が、責任を取って「事務局長を」辞任した。(元記事
 東徹府議の「事務局長辞任」はあくまで内部の役職を外れるとしただけで、府議の辞任でも、大阪維新の会の除名でもない。

 さて、小林由佳市議の疑惑に対して、「厳しく調査します。厳正に対処します」は言葉通りに行われるだろうか?いつもの甘々の調査・対処だろうか?
posted by 結 at 00:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。